ホーム > 新着記事 >

グルタミン - ぐるたみん(英語表記)glutamine

グルタミン酸のγ(ガンマ)-アミドで、栄養的には非必須(ひひっす)アミノ酸。略号はGlnまたはQ。化学式はC5H10N2O3で、分子量146.15。1883年ドイツの化学者シュルツェErnst August Schulze(1840―1912)とボシャードE. Bosshardがテンサイ汁の中から発見した。遊離状態で多くの動植物中に分布する。L-グルタミンはタンパク質を構成するアミノ酸の一つで、生体内ではアンモニア貯蔵の役割を果たし、核酸のプリン核の生成などに関与する。また、フェニル酢酸と結合して解毒する。腎臓(じんぞう)その他の組織中で、グルタミン酸とアンモニアから合成される。

[降旗千恵]

『神崎宣武著『日本人は何を食べてきたか――食の民俗学』(1987・大月書店)』『永津俊治他編『脳のレセプターと運動』(1990・平凡社)』『森正敬著『生体の窒素の旅』(1991・共立出版)』『マックス・ペルツ著、林利彦・今村保忠訳『生命の第二の秘密――タンパク質の協同現象とアロステリック制御の分子機構』(1991・マグロウヒル出版)』『Judy Shabert他著、斎藤英昭監訳『グルタミンのすべて――免疫系、消化器系、骨格筋へのすばらしい効果』(1994・三輪書店)』『川合述史著『分子から見た脳』(1994・講談社)』『武藤輝一編『最新 アミノ酸輸液』(1996・医薬ジャーナル社)』『佐藤昌康編、川人光男他著『ブレインサイエンス最前線』(1997・講談社)』『船山信次著『アルカロイド――毒と薬の宝庫』(1998・共立出版)』『板倉徹・前田敏博編著『小脳――神経科学の基礎と臨床7』(1999・ブレーン出版)』『片岡喜由著『岩波科学ライブラリー76 脳低温療法』(2000・岩波書店)』『栗原堅三他著『グルタミン酸の科学――うま味から神経伝達まで』(2000・講談社)』

[参照項目] | アミド | アミノ酸 | 核酸 | グルタミン酸 | 酢酸 | タンパク質 | プリン

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

前の記事: クロレラ - くろれら

次の記事: プロテイン