ホーム > 新着記事 >

キチン・キトサン - きちんきとさん

キチン・キトサンは、缶詰用のカニの殻(から)を再利用する研究のなかで、健康食品として注目されました。キチンは甲殻類(こうかくるい)の殻などに含まれる多糖類で、動物性食物繊維です。キチンを加工したものがキトサンです。
○栄養成分としての働き
 キチン・キトサンは自然治癒力(ちゆりょく)を高めることで、さまざまな病気を予防し、症状を改善します。とくに制がん効果は顕著で、転移を防いだり病巣を縮小させたりした症例が多くあります。塩分中の塩素を腸管内で吸着し排出するので、高血圧を予防しますし、消化液の胆汁酸(たんじゅうさん)を排泄(はいせつ)することで、コレステロールの胆汁酸への転換を促進させ、コレステロール値を下げます。また小腸内で脂肪に結合し、脂肪の吸収を阻害するため肥満も防止します。食物繊維なので便秘(べんぴ)も解消します。
○注意すべきこと
 アレルギー体質の人は、注意が必要です。

出典 小学館食の医学館について 情報