ホーム > 新着記事 >

ハイビスカス - はいびすかす

アオイ科(APG分類:アオイ科)フヨウ属の総称。世界の熱帯、亜熱帯、温帯地方に広く分布し、約200種あり、食用、繊維用、観賞用などとして栽培されている。園芸上でいうハイビスカスは、ブッソウゲ(仏桑華)H. rosa-sinensis L.のほか数種と、これらの複雑な交配により育成された多数の品種をさす。花色や花形が豊富で、白、桃、紫紅、赤、橙(だいだい)、黄色のものや、一重咲き、八重咲きがあり、花径が10~25センチメートルに及ぶものもある。

 ブッソウゲはインド洋方面で成立した雑種植物と考えられているが、原産地は不明。今日では熱帯地方で広く観賞用に栽植されており、日本では温室植物とし、普通は鉢植えにされる。常緑低木で高さ2~5メートルに達し、よく分枝する。葉は互生し、広卵形ないし卵形で先はとがり、有柄で長さ9センチメートル内外、不ぞろいの粗い鋸歯(きょし)がある。花は広漏斗(ろうと)形で、新しい枝の上部の葉腋(ようえき)に単生し、長い花柄がある。萼(がく)は筒状で5裂し、花弁は赤色で5枚、雄しべは管状に癒合してその上部に多数の葯(やく)をつける。雌しべは雄しべより長く、先が五つに分かれる。夏から秋によく開花するが、適温であれば一年中花をつける。フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑華)H. schizopetalus Hook.f.は東部熱帯アフリカ原産の常緑低木で、交配親の1種である。花は花柄が長くて垂下し、花弁は赤色で、深く細かく裂けて、反り返り、雄しべと雌しべが長く突出して風鈴状にみえる。

 栽培は、腐葉土・畑土(はたつち)・砂を混合した土で鉢植えにし、夏季は戸外、冬季は温室内で育てる。越冬は5℃程度でできるが、落葉する。繁殖は挿木および接木(つぎき)による。挿木は温室内であれば周年できる。

[松岡清久 2020年4月17日]

文化史

1731年にヨーロッパに導入され、リンネは中国原産と勘違いして、ローサシネンシス(中国のバラ)の種名を与えたが、中国の『閩書南産誌(びんしょなんさんし)』(16世紀)は「外国より渡来し、中国には産せず」と書く。日本には仏桑華(ぶっそうげ)の名で、まず琉球(りゅうきゅう)に伝わり、1614年(慶長19)薩摩(さつま)藩主島津家久はマツリカとともに琉球産の仏桑華を徳川家康に献上した。ハイビスカスの改良の中心地ハワイでは、9種の野生種に、ブッソウゲ、フウリンブッソウゲなどと導入したハイビスカス類が20世紀の初頭から交雑され、5000にも上るといわれる品種が生まれた。ハワイでは州花に指定され、マレーシアの国花、沖縄市の市花でもある。

 ハイビスカスティーと称されるハーブ茶は、いわゆるハイビスカスとは異なり、萼(がく)が肥大するアフリカ産のローゼルHibiscus sabdariffa L.である。

[湯浅浩史 2020年4月17日]

[参照項目] | リンネ
ブッソウゲ
花は広漏斗形、花弁は赤色で5枚。雌しべは雄しべより長く、先が五つに分かれる。夏から秋によく開花するが、適温であれば一年中花をつける©Shogakukan 撮影/朝倉秀之">

ブッソウゲ

フウリンブッソウゲ
花柄が長く垂れ下がり、花弁は深く細かく裂けて反り返る。花色は赤色で、花柱が長く突出する©Shogakukan 撮影/朝倉秀之">

フウリンブッソウゲ


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

前の記事: フェンネル

次の記事: ナスタチウム