ホーム > 新着記事 >

アレルギー性鼻炎 - あれるぎーせいびえん

《どんな病気か?》


〈抗原抗体反応で起こるくしゃみ、鼻みず、鼻づまり〉
 近年、春先になると、くしゃみや鼻みず、目のかゆみなどに悩まされる花粉症(かふんしょう)の人がふえていますが、その鼻の症状がアレルギー性鼻炎(びえん)によるものです。
 アレルギー性鼻炎とは、鼻の粘膜(ねんまく)でアレルギー反応が起こる病気です。外部から異物(抗原(こうげん))が侵入したとき、その抗原に対応する抗体(こうたい)が体内にあると、抗原と抗体が結合する抗原抗体反応が起こります。すると、細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され、アレルギー反応が起こるのです。
 細胞から放出されたヒスタミンなどの化学伝達物質が、鼻の粘膜を刺激したり、自律神経のバランスをくずして副交感神経の働きを優位にするためにくしゃみ、鼻みず、鼻のむずむず感といった症状が現れます。また、粘膜の血管が拡張するため、鼻づまりも起こります。
 鼻づまりがひどくなると、鼻での呼吸が十分にできなくなり、口で呼吸するようになります。そのため、のどの痛みやいびき、不眠、注意力散漫なども引き起こされます。
 アレルギー性結膜炎(けつまくえん)を合併することも多く、目のかゆみや充血、流涙(りゅうるい)がみられることもあります(「アレルギー性結膜炎」参照)。
〈高たんぱく・高栄養の食事も抗体をつくる一因に〉
 アレルギー性鼻炎は、空気中をただよう抗原を鼻から吸い込むことによって起こります。
 代表的な抗原はハウスダスト(室内のホコリ)やダニ、風媒花(ふうばいか)(風にのって花粉を飛ばす花)の花粉などで、花粉が抗原となって起こるアレルギー性の炎症を総称して「花粉症」と呼びます。
 ハウスダストやダニを抗原とする場合は季節に関係なく症状が現れますが、花粉症では、たとえばスギは春、ブタクサは秋というように、開花の時期に一致して症状がでることが特徴です。
 アレルギーは遺伝的な体質と関係があるといわれますが、環境や栄養など外部的な要因も指摘されています。たとえば、住宅の気密性が高まったためにダニがふえたことや、戦後の植林によってスギ花粉の量がふえたこと、ディーゼル車の排気ガスやタバコの煙も影響があるとされています。
 高たんぱく・高栄養の食事が抗体の産生に結びつくこともあります。また、ストレスの増加による自律神経の乱れも誘引になると考えられています。
 アレルギー性鼻炎を予防するためには、アレルゲンとの接触を避けることがもっともたいせつです。スギ花粉などは、シーズンになるとテレビや新聞で花粉情報を流しますので注意しておきましょう。
 また、規則正しい生活とバランスのとれた食事、軽い運動も効果があるとされています。

《関連する食品》


〈免疫機能にかかわるビタミンB6、Cをとろう〉
○栄養成分としての働きから
 アレルギー性鼻炎は、アレルギー疾患の1つなので、抗アレルギー作用のある成分、つまり免疫調整機能を正常に保つ働きをする成分が有効です。
 ビタミンB6、C、α(アルファ)―リノレン酸、IPA(イコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)、カテキンなどのフラボノイド類、ギンコライド、グリチルリチンといった成分を含む食品を積極的にとるようにしましょう。
 とくにビタミンB6は、不足するとアレルギー症状がでやすく、B6をとると症状が軽減する人もいます。
 ビタミンB6は、レバーや鶏むね肉などに含まれています。
 また、イチゴ、コマツナ、ブロッコリー、グレープフルーツなどに多く含まれるビタミンCにも免疫力を高める効果があります。
〈シソ油、ツキミソウ油、緑茶が症状を緩和する〉
 最近では、リノール酸をとりすぎるとアレルギー症状が強まることがわかってきました。リノール酸をとると、体内で、胃炎などの症状を鎮めるアラキドン酸が合成されますが、このアラキドン酸がふえすぎるとアレルギー反応が起こりやすくなるのです。
 α―リノレン酸は、リノール酸と同じ不飽和脂肪酸の1つですが、体内でIPAやDHAにかわり、アラキドン酸の働きを抑制する働きがあります。
 α―リノレン酸はシソや海藻などに含まれていますが、量はわずかなので、シソから抽出したシソエキスや種子からつくるシソ油などを利用するといいでしょう。
 ただし、加熱によって酸化しやすい性質があるため、野菜はサラダにし、油はドレッシングに利用するなど、火を通さずに料理することがポイントです。
 α―リノレン酸の1日の必要量を3gとして概数計算すると、野菜でとるには次のようにたくさんの量が必要になります。キャベツなら8個、ホウレンソウなら8束、コマツナなら8束、ダイコンなら6本、日本カボチャなら13個、サラダナなら25株、トマトなら80個、ピーマンなら300個、オクラなら1000本、キュウリなら50本などです。
 もちろん、直接IPAやDHAをとる方法でもかまいません。IPAはマグロ、アジ、カツオなど、DHAはマグロ、ブリ、ウナギなどに多く含まれています。
 ただし、これらの食品はアレルゲンになるおそれがあるので、IPA、DHAはサプリメントで摂取することをおすすめします。
 同じ不飽和脂肪酸の仲間であるγ(ガンマ)―リノレン酸も、アレルギー症状の緩和に有効です。
 γ―リノレン酸は、ツキミソウ油などに含まれています。
 カテキンなどのフラボノイド類を多く含む緑茶、イチョウ葉とギンナンに含まれる特有の成分ギンコライド、甘草(かんぞう)に含まれているグリチルリチンなども効果があるのではないかと考えられています。

あれるぎーせいびえん【アレルギー性鼻炎】

《どんな病気か?》


〈高たんぱく・高脂質の食事がアレルギーの子どもをふやす〉
 アレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜(ねんまく)でアレルギー反応(「食物アレルギー」参照)が起こり、くしゃみを連発したり、鼻みず、鼻づまりなどの症状を引き起こす病気です。
 鼻づまりがひどくなると、口で呼吸するようになるため、のどの痛みやいびき、不眠、ひいては注意力散漫といった症状が現れてきます。
 子どもにかぎらず大人でも、年々、アレルギー性鼻炎にかかる人がふえています。
 また、結膜炎を合併することもあり(「アレルギー性結膜炎」参照)、目のかゆみや充血、涙がでるなどの症状が起こることもあります。
 これは、スギの植林面積の増加によってスギ花粉がふえたこと、高たんぱく・高脂質などの高栄養の西欧型食生活が、アレルギー反応のもととなる抗体(こうたい)の産生をふやしていること、さらにダニの繁殖に適した気密性の高い住環境、排気ガスなどの化学物質による環境汚染やストレスなどが原因で、人の体にとって異物と認識されるものがふえたためだといわれています。

《関連する食品》


〈免疫を調整し、粘膜の健康に不可欠な成分を補給する〉
○栄養成分としての働きから
 免疫(めんえき)調整機能を正常にもどしてくれるビタミンB6、DHA、IPAを含む食品が有効です(「アトピー性皮膚炎」、一般の病気の「アレルギー性鼻炎」参照)。
 またビタミンCや、ナイアシンは、くしゃみ、鼻みずなどのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンをブロックします。
 ビタミンCはコマツナ、カリフラワーなどの野菜に多く含まれています。ナイアシンは、肉や魚などに含まれていますが、アレルゲン(アレルギー反応を引き起こす原因物質)になる可能性があるので、心配な場合はサプリメントで代用してください。
 呼吸器粘膜の健康維持に不可欠なビタミンA、セレン、亜鉛(あえん)もしっかりと補給しておきましょう。
 ビタミンAは、粘膜を丈夫にしてアレルゲンが侵入するのを防いでくれます。肉類や魚類などの動物性食品がアレルゲンの場合は、コマツナ、ニンジン、シュンギクなどの植物性食品から補うようにします。
〈大気汚染から呼吸器粘膜をまもるセレン、亜鉛〉
 大気汚染物質とアレルゲンを同時に吸入すると、アレルギー症状がひどくなることがわかっていますが、セレンや亜鉛は大気汚染物質から呼吸器粘膜をまもる働きがあります。
 ともにサプリメントが販売されているので、不足している場合は、それを利用するといいでしょう。

出典 小学館食の医学館について 情報