ホーム > 新着記事 >

レモン - れもん(英語表記)lemon

ミカン科(APG分類:ミカン科)の常緑果樹。柑橘(かんきつ)類の一種。高さ4~5メートル、葉は長さ10センチメートル、幅約5センチメートルで、翼葉がない。花は枝端や葉腋(ようえき)部に単生または総状につき、変異が多い。花弁は長くかつ大きく、外面は帯紫色、内面は白色で、花糸は多数で分離し、葯(やく)は長い。周年開花性があるが、5~10月の開花が多い。果実の収穫は10月から翌春に多く行われる。しかし、アメリカのカリフォルニアでは周年収穫され、1~5月が最盛期である。果実は香気に富み、120~200グラム、果皮は淡黄色で柔らかい。原産地はインドのヒマラヤ山脈東部山麓(さんろく)で、12世紀ころまたは十字軍の東征のころ(13世紀末)ヨーロッパに伝わった。「新大陸」へはコロンブスの第二航海時(1493)にもたらされた。

 周年、気候温暖な、夏冬の格差の少ない乾燥地でよく育ち、カリフォルニアや地中海地方で多く栽培される。日本は、夏は高温多湿、冬は低温すぎるので、そうか病、かいよう病、寒害などが多く現れ、栽培はむずかしい。主要品種には、ユーレカレモン、リスボンレモン、ビラフランカレモン、ゼノアレモンなどがある。日本では年間約5万0800万トン、119億円(2017)を、主としてアメリカから輸入している。

[飯塚宗夫 2020年10月16日]

利用

果実は収穫後の日もちもよく、昔から遠洋の船員の壊血病予防に尊ばれた。その主成分は、全果の場合、可食部100グラム中、37キロカロリー、糖9.6グラム、カルシウム60ミリグラム、リン13ミリグラム、鉄0.2ミリグラム、ナトリウム4ミリグラム、カリウム120ミリグラムを含み、ビタミンはB10.06ミリグラム、B20.03ミリグラム、ナイアシン0.2ミリグラム、C90ミリグラムを含み、ビタミンCの効果はとくに大きい。果汁は有機酸(5.7~7.8%)、とくにクエン酸を多く含むので、デザートとしての直接利用は不向きであるが、魚・肉料理などに絞りかけて新鮮な香りと酸味を楽しむ。また清涼飲料としてレモンスカッシュや種々のカクテルに用いる。果実は輪切りか、櫛(くし)形の薄切りにし、種々の飲み物や料理に添える。果皮は外果皮から芳香があるレモン油、内果皮からペクチンがとれ、薬品、化粧品、または加工食品に付与され、また砂糖煮にして菓子の材料とする。果汁は加糖して煮てゼリーとし、果皮と果肉を砂糖煮にしてマーマレードをつくる。

[飯塚宗夫 2020年10月16日]

[参照項目] | かいよう病 | 果汁 | 寒害 | 柑橘類 | クエン酸 | そうか病 | マーマレード | ミカン科 | レモン油
レモン(国産)
日本で早摘みしたグリーンレモン(写真上)と追熟したイエローレモン(同下)©Shogakukan">

レモン(国産)

レモン(外国産)
海外で早摘みしたレモンは、日本に入るまでに黄色くなる©Shogakukan">

レモン(外国産)

レモンの果実
ビタミンCが豊富で、料理のほか、薬品や健康食品、化粧品などに利用される。収穫期は秋から翌春。日本では広島県を中心に栽培されている©Shogakukan">

レモンの果実


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例