ホーム > 新着記事 >

タウリン

魚介類に多く含まれる物質で、アミノ酸の一種です。血圧やコレステロールの低下、心臓の機能強化など、身体各部の機能を高める作用があり、スタミナドリンクの有効成分としてご存じの人も多いでしょう。
 タウリンには多くの働きがありますが、よく知られるのが高血圧の改善作用。交感神経の働きを抑制することで、血圧の上昇を抑制する効果を発揮するのです。この働きによってタウリンは、塩分のとりすぎからくる高血圧はもとより、動脈硬化(どうみゃくこうか)や脳卒中(のうそっちゅう)などの予防にも役立ちます。
 また、心筋の収縮力を高めて、心臓からでていく血液の量をふやす働きもあるので、うっ血性心不全(けつせいしんふぜん)の治療薬としても利用されています。
 このほか、胆汁酸(たんじゅうさん)の分泌量(ぶんぴつりょう)を増加させる働きにより、コレステロールの排出をうながして胆石(たんせき)の生成を予防する、小腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)をうながして腸内細菌の異常繁殖を防ぐ、などの効果を発揮。さらに、気管の収縮を抑えて、気管支炎(きかんしえん)やぜんそくの予防改善にも効果があるといわれています。
 タウリンは体の中でも合成されますがその量は少ないため、食品から積極的に摂取するのがポイント。タウリンが豊富な食品は魚介類ですが、なかでも貝類やイカ、タコ、魚の血合いに多く含まれています。逆に、牛、豚、鶏といった肉類にはわずかしか含まれていません。
 魚の消費量が高い地域で、高血圧や血管障害の発症率が低いのは、魚介類に含まれるDHA、IPAの作用だけでなく、タウリンも一役買っているといえます。
 高血圧の改善効果を望むなら、食物繊維といっしょにとるのがおすすめ。野菜やキノコ、海藻類と組み合わせるといいでしょう。

出典 小学館食の医学館について 情報