ホーム > 新着記事 >

吐き気 - はきけ

《どんな症状か?》


 脳の延髄(えんずい)の第四脳室付近に、嘔吐(おうと)を起こさせる嘔吐中枢があります。それが刺激されると、その信号が迷走神経、脊髄(せきずい)神経、横隔膜(おうかくまく)神経を介して腹部の筋群に伝えられ、吐き気が起こります。吐き気に続いて嘔吐が起こる場合もありますし、吐(は)き気(け)だけが起こることもあります。
 おもな原因としては、食べすぎや飲みすぎ、食あたり、かぜやインフルエンザなどの感染症、それに胃(い)・十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)などの消化器官の疾患が考えられます。
 嘔吐をくり返すようなときは、小児科医の診察が必要です。

《関連する食品》


〈食あたりにはアズキ、乗り物酔いにはショウガ〉
○栄養成分としての働きから
 豚肉やダイズ、アズキに含まれるビタミンB1は、肝臓や腎臓(じんぞう)に負担をかける有害物質を排除して、吐き気を解消する働きがあります。
 また、吐き気にはショウガが有効だとする研究も多く、辛み成分であるジンゲロンや油性ショウガオールが吐き気をやわらげると考えられています。
 ショウガのすりおろしに水を加えて煎(せん)じ、1日数回、はちみつと混ぜてスプーン1杯ずつ服用すると、乗り物酔いなどに効果的です。
 また、ペパーミントにも吐き気を予防する働きがありますから、冷たいミントティーもおすすめです。
○漢方的な働きから
 刺身にはかならずショウガとシソの葉がつきものですが、この両者はたいへん解毒作用の強い食品だからです。

出典 小学館食の医学館について 情報