ホーム > 新着記事 >

シシャモ - ししゃも(英語表記)shishamo smelt

硬骨魚綱キュウリウオ目キュウリウオ科に属する海水魚。語源はアイヌ語。一説はススハムから来ているとするもので、ススは柳、ハムは葉で、アイヌ人は柳の葉の化身と考えた。他説はスサムを語源とし、スは鍋(なべ)、サムはすぐそばで、鍋を火にかけてから、近くの川で取り上げて料理する魚を意味する。北海道南東部の太平洋側に分布する日本固有種。体は細長くてワカサギに似ているが、口裂が目の中央下に達し、上顎(じょうがく)の中央部より後方にある骨の歯が短いのが特徴。全長18センチメートルくらいになる。雄は産卵期に体側が隆起し、臀(しり)びれが長くなり、体色が黒みを帯びる。

 沿岸にすみ、生後2年で成熟し、11月前後に夜間川へ上って、河口から1~10キロメートル上流で産卵する。産卵後、雌は別の雄を選んで数回産卵する。多くは産卵数日後に海へ入って死ぬが、少数のものはその1、2年後も川へ帰って産卵する。卵は半透明で径1.5ミリメートル、産み出されると卵膜上の付着膜で砂や小石に粘着する。1尾がはらむ卵は1万個前後。受精後2か月で孵化(ふか)し、稚魚は海へ入って水深1.2メートルより浅い沿岸域で成育する。桁網(けたあみ)、刺網、小定置網などで漁獲される。遡上(そじょう)したものは脂分が適当で美味であり、高価である。おもに干物にされるが、てんぷら、甘露煮、昆布巻きなどにもする。

 卵をもった雌のカラフトシシャモMallotus villosusが、子持ちシシャモという名称で市販されているが、シシャモとは別種。カラフトシシャモは口の歯が小さく、鱗(うろこ)はきわめて細かい。雄では産卵期に側線の上下に大きなブラシ状の鱗が2列に並ぶ。北海道以北の太平洋や北大西洋に広く分布する。

[落合 明・尼岡邦夫]

民俗

アイヌ民族では、シシャモは、雷の神などがいる神の国にたくさん生えている柳の木の葉が、人間の世界にまで落ちてきて魚に化したものであると伝え、雷が鳴り、みぞれが降るような荒天に川を上るという。太平洋岸のむかわ町や八雲(やくも)町のアイヌ民族にとってはたいせつな食料であったので、シシャモが川を上る時期になると豊漁祈願が行われた。シシャモが跳ねて水面上に現れるのは不漁の前兆といわれ、神の怒りを解くための祈願をした。シシャモは神聖視され、食べるときに、ひれや皮を土の上に落としてもとがめられたという。

[小島瓔]

シシャモのおもな種類〔標本画〕
©大片忠明">

シシャモのおもな種類〔標本画〕


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例