ホーム > 新着記事 >

トウガン - とうがん

ウリ科(APG分類:ウリ科)の一年生つる草。トウガ、カモウリ、カモリともいう。熱帯アジア原産で、ジャワ島では全土の平地に自生している。栽培はアジアの熱帯から温帯に及ぶ。日本では平安時代に栽培されており、『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』に記載されている。茎は地上をはって伸び、白い短毛を帯びる。普通は三つに分岐した巻きひげがある。葉身は掌状に5~7裂する。夏季、葉腋(ようえき)に黄色の単性花を1個ずつつける。果実は長さ30~50センチメートルで、日本では臼(うす)形の果実をつける系統と、円筒形の果実の系統とが栽培されている。若い果実には毛があるが、秋に熟すにつれて脱落し、灰白色ろう質の粉を吹いたようになる。内部は熟すと中心部にすきまを生ずる。種子は白色で、すきまの周りに多数ある。貯蔵性があり、冬に至るまで品質を保つのでトウガンの名がある。栽培には高温を好む。直播(じかま)きするが、小苗を育てて移植してもよい。草勢が強く、栽培は容易で、畑に放置し、つるが伸びるに任せる。

[星川清親 2020年2月17日]

食品

果実は、開花後約50日して表面が白い粉に覆われたころに収穫する。日本ではおもに煮食し、あんかけ、みそ煮、汁物の実とされるほか、砂糖漬けや粕(かす)漬けにされる。果肉は煮るとやや半透明の白色ゼリー状となり、淡い酸味を帯びた特有の淡泊な風味と舌ざわりで、夏から秋の料理として好まれる。中華料理の冬瓜盅(トンコワチョン)は、トウガンの中をくり抜いてスープと具を詰め、蒸し煮にした料理で、ふかひれのスープと並ぶ逸品とされている。盅とは入れ物というほどの意味である。果実の96%は水分で、ビタミンB1、B2、Cをわずか含む。

[星川清親 2020年2月17日]

トウガン
©Shogakukan">

トウガン

トウガンの果実
臼形の大果で表皮に白粉のつく種。秋に熟し、表面が白い粉に覆われたころに収穫する。日本では臼形の系統と円筒形の系統が栽培されている©Shogakukan">

トウガンの果実


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例