ホーム > 新着記事 >

リコリス - りこりす

ヒガンバナ科(APG分類:ヒガンバナ科)ヒガンバナ属の総称。ヒガンバナ、ナツズイセンなどを含むが、園芸上でとくにリコリスと称しているものには、シロバナマンジュシャゲ(シロバナヒガンバナ)、キツネノカミソリ、ショウキズイセンなどがある。葉は線形または広線形。花茎の頂部に散形花序をつくり、らっぱ形の6弁花を横向きに開く。日本、中国原産。性質はじょうぶで、野生化しているものも多い。リコリンなどのアルカロイドを含み有毒であるためか、無葉の状態で花が咲くためか、日本では縁起の悪い花として古来忌み嫌われてきたが、近年はいくつかの交雑種もつくられている。花期に葉がなく、花期後すぐに葉が出るヒガンバナ型と、翌春に葉が出るナツズイセン型に分けられる。前者を秋出葉型、後者を春出葉型ともいう。秋出葉型には以下のものがある。ヒガンバナはマンジュシャゲ(曼珠沙華)ともいい、緋紅(ひこう)色花を、シロバナヒガンバナは白色花を、ともに秋の彼岸(ひがん)ころ開く。ショウキズイセンは9~10月に鮮やかな黄色花を開く。また、春出葉型には以下のものがある。ナツズイセンは盛夏に淡紅色の大輪花を開く。キツネノカミソリは日本原産の野生植物で、7月に黄赤色花を開く。変種に、全体が一回り大きいオオキツネノカミソリがある。スプレンゲリー種L. sprengeri Comes ex Bak.は濃桃色花で、花弁の先は青色を帯びる。インカルナタ種L. incarnata Comes ex Sprengは初秋に開花し、乳白色の細弁で、紅紫色の中筋が入る。

 繁殖は分球により、7~8月、乾燥の激しくない半日陰地に植え付ける。鉢植えの場合は、6号鉢に3球程度、浅植えにする。

[平城好明 2019年3月20日]

[参照項目] | ヒガンバナ | ヒガンバナ科
キツネノカミソリ
8月、花茎の先に黄赤色の花を3~5花つける。ロック・ガーデンなどに植えられる©Shogakukan">

キツネノカミソリ

シロバナヒガンバナ
秋の彼岸ころ、白色の花を開く。形状はヒガンバナに似るが、花がやや大きい©Seishohmaru">

シロバナヒガンバナ

ナツズイセン
8月、花茎の先に淡紅色のらっぱ形の大形の花をつける。開花期に葉はない©Shogakukan">

ナツズイセン

ヒガンバナ
人里近くの土手や畦などに生え、秋に緋紅色の花を開く。別名マンジュシャゲ(曼珠沙華)、シビトバナ(死人花)©Shogakukan">

ヒガンバナ

リコリス・インカルナタ
初秋のころ、花茎の先に乳白色の花をつける。花被片には紅紫色の中筋が入る©Seishohmaru">

リコリス・インカルナタ


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例