ホーム > 新着記事 >

稲庭饂飩 - いなにわうどん


秋田名産の手延べで作る細くて平たいうどん。一般的に手延べうどんは生地を引きのばす工程を表面に植物油をぬって行うが、稲庭うどんは油を使用せず打ち粉にでんぷんを用いる。『稲庭古今事蹟誌』によると寛文年間(1661~1673)以前に稲庭村(現湯沢市稲庭町)の佐藤市兵衛により作られたのがはじまり。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報