ホーム > 新着記事 >

黄飯 - おうはん

大分県臼杵(うすき)地方にみられる料理。豊後(ぶんご)黄飯ともいい、大友宗麟(そうりん)伝来のものといわれる。黄色い飯(めし)なので黄飯というが、いかなご料理を添えることが多く、その料理を黄飯ということもある。少量の食用油を深い鍋(なべ)に入れ、まず水切りした豆腐、次にささがきごぼうを入れ、少し柔らかくなったところでニンジン、ダイコンを加える。骨、頭、尾などを取り除いて肉だけにした焼き魚(イカナゴを使うことが多い)の身を加え、ネギを加えて煮る。クチナシの実の煎(せん)じ汁で炊いた黄色い飯に、具をかけて用いる。

[多田鉄之助]

[参照項目] | おかやく
黄飯
大分県©公益社団法人ツーリズムおおいた">

黄飯


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例