ホーム > 新着記事 >

求肥昆布 - ぎゅうひこんぶ


➀昆布を蒸し、甘酢に漬けて乾燥させたもの。蒸して砂糖みつを塗り、乾燥させたものもある。求肥(ぎゅうひ)巻きなどに用いる。◇「ぎゅうひこぶ」「竜皮昆布(りゅうひこんぶ/りゅうひこぶ)」ともいう。
➁福井・敦賀の名物菓子で、昆布の粉末を練り込んだ求肥。◇昆布の問屋であった「孫八」の田結(たゆ)豊吉が1871(明治4)年、昆布を用いた名産品を作ろうと考案、当初は昆布を小さく切って酢に漬け、蒸して乾燥させ、白く粉をふかせたものだったが、その後明治中期頃、福井市の羽二重餅(はぶたえもち)をヒントに昆布の粉末と求肥を用いた菓子を考案したとされる。この店は現在は和菓子店「紅屋」となっている。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報