ホーム > 新着記事 >

三平汁 - さんぺいじる

北海道の郷土料理。名称は、松前藩の賄い方斉藤三平の創作であるからとか、有田焼の三平皿を使うからとかいわれている。春の豊漁期にとれたニシンを糠(ぬか)塩漬けにしておき、汁の実に利用したのが始まりである。ニシンはのちにサケにかわり、サケのあらや頭を利用して野菜のざく切りといっしょに塩煮にしているが、塩ざけを用いるときには塩を加えなくてもよい。三平皿に熱い三平汁を汁たくさんに盛り込み、ふうふう吹きながら食べるのが本格的な食べ方である。三平汁にはサケのほかに生のタラ、すしにしんを用いることもある。すしにしんは、道内では糠漬けにしたものを市販している。野菜は季節のものを適宜、好みに応じて用いる。

[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

前の記事: 秋刀魚鮨 - さんまずし

次の記事: さんばい